公益財団法人 身体教育医学研究所 Physical Education and Medical Research Foundation

SDGs NAGANO JAPANSport in Life

トピックス

転倒予防グッズ開発研究会のご案内

[主 催] 一般社団法人東京健康リハビリテーション総合研究所

[協 力] 日本転倒予防学会、公益財団法人 身体教育医学研究所、身体教育医学研究所うんなん

[世話人] 武藤 芳照 (東京健康リハビリテーション総合研究所 所長/東京大学名誉教授)、 大高 洋平 (藤田医科大学医学部リハビリテーション医学Ⅰ講座 教授)

[趣 旨] 超高齢社会となった我が国において、高齢者の転倒・転落に伴う外傷・障害・重大事故の予防は、社会における解決すべき喫緊の課題の一つとされている。転倒予防のためには、内的要因への対応と外的要因への対応の双方が必要である。 東京健康リハビリテーション総合研究所では、転倒予防の教育・普及・啓発の活動を、日本転倒予防学会や連携研究機関等とも緊密に協働しつつ、継続してきた。今般、両者の観点を融合させた新たな転倒予防グッズの開発や従前のグッズの改良のために、多職種連携で率直な意見・情報・経験を交流し合い、より質の高いハードとソフトを創発することに結びつけ、この領域の学術研究の発展と社会の健康づくり、新たな事業の展開に貢献する目的で本研究会が企画された。

*新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防対策を徹底して、会場にて対面方式で行う。

【日時】 2021年5月22日(日)13:00〜18:00
【会場】 学士会館210 号室(東京都千代田区神田錦町3-28)

『転倒予防グッズ開発研究会』の詳しい内容や申込は、こちらから