公益財団法人 身体教育医学研究所 Physical Education and Medical Research Foundation

湯の丸高地トレーニング

湯の丸高原での高地トレーニングサポート

標高1,730m~1,750mのエリアで陸上や水泳の高地トレーニングを行うことができる施設を有する東御市湯の丸高原は、「GMOアスリーツパーク湯の丸」として、全天候型400mトラックやトレイルランニングコース、屋内プール(50m・8レーン)、トレーニングルームを有する合宿施設などが整備されています。
高地トレーニングとは、低圧、低酸素、低温の高地の環境を活かして行うトレーニングのこと。一定期間滞在してトレーニングを行うことで心肺機能や酸素運搬能力の向上など様々な効果が生まれ、競技力が向上します。
既に多くのトップアスリートが湯の丸高原でトレーニングを行っており、しんたいは、トレーニング・食事・睡眠等の情報発信や環境整備を通じて、競技力の向上に貢献しています。

しんたいは、高地トレーニングの効果を健康づくりに役立てるプログラムを開発・実施し、トップアスリート向けに整えられた情報や環境を一般の方々も活用できるよう支援します。また、トップアスリートや専門家たちとの交流等、地域の方々の元気をつくる橋渡し役としても貢献していきます。

関連記事