公益財団法人 身体教育医学研究所 Physical Education and Medical Research Foundation

地域ですこやか支援

地域ぐるみでみんなが元気に!を願って…

しんたいは、保健・医療・福祉・スポーツ分野と連携しながら、からだを動かすことの楽しさや心地よさを実感できるような健康づくり・介護予防支援を行っています。
総合施設「ケアポートみまき」の25mプールでの、高齢者のための水中運動指導が始まりでした。一方、来るのを待つのではなく地域の公民館などへ出向き(アウトリーチ)、転倒・介護予防のための健脚度測定や健康体操教室などを実施するようになりました。

「老化は脚から」を予防するために、普段の暮らしのなかでできる運動の普及に取り組んでいます。若いうちからも「ずくを出してこまめに体を動かす」、「ご自身の心身と向き合いながら、できることから始める」ことがより一層地域に根付くよう、今後も息長く活動していきます。

Message

[写真]岡田 真平

誰もが地域で
健やかに暮らし続けるために。

岡田 真平

~からだを育み、こころを育み、きずなを育む~私たち“しんたい”が掲げるメッセージは、健康の語源「健體康心」や定義「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことではない(WHO=世界保健機関より)」に通じるものがあります。生老病死に寄り添いながら、老若男女、障害有無問わず、誰もが地域ですこやかに暮らし続けるために大切な「自助・互助・共助・公助」のヒントを、皆さんと共に探求し続けたいと思っています。

[写真]横井 佳代

からだを動かす、楽しさ
大切さを伝えたい

横井 佳代

介護予防を基盤としてスタートした『しんたい』だからこそできる健康づくり支援。
運動嫌いな人、動けない人の気持ちに寄り添い、さらに、その方の積み重ねてきた生活背景を考え、明るく前向きな気持ちになれる運動支援を心がけています。
『むずしいことをやさしく、やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろくー井上ひさしー』
温かみのある思いを伝え、からだを動かす楽しさ大切さを、納得、実感してもらえるよう日々精進!

関連記事